スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合学習

今日は、総合学習の時間の、森林環境教育ということで、
奈良県の山間部の小学校におじゃましてきました。

 
午後の2時限をいただいて、森林などをテーマに自己紹介をしたり、
森林について、人工林・杉・桧について、模型での間伐体験etc
いろいろとお話をさせていただいたり、
みんなといっしょに考えたり、木にふれたりする時間を過ごしてきましたが、
子どもたちの質問は新鮮で、はっとさせられますし、
私も勉強になってとっても楽しかったです♪

お相手は、小学4年生。
とは言っても、まだ4年生になって二ヶ月もたっていないので、
3年生に近い感じですよね、とてもかわいかったです。。。


自己紹介の中で、みんなに、自分たちが住む地域の自慢を聞かせてもらったのですが、

 山や木がいっぱい
 
   景色がいい
 
    秋になると景色がきれい

  空気がきれい
 
 虫やヘビ、植物など、生きものがいっぱい
  
    お寺のしだれ桜がきれい
                  etc・・・


みんなの自慢は、「自然」でした。

また、人間が生きるために必要なものって何?という質問には・・・

  お金、服、靴、布団、こたつ、家、テレビ
 
  勉強ノート、教科書、食べもの・・・という意見もありーの、

  森、酸素、水、太陽、月、植物、ペットといった自然もありーの、

 そして、なんかうれしかったのが、「友達」「家族」「親友」「人」という言葉。


自然のものを答えてくれるのもうれしいけど、
仲間や家族が必要だって、答えられるのって、すてきやなーって思った。


また、森林のイメージは?という質問には、

 川がある、水が流れている

  日があたって気持ちいい
  
  夏は気持ちいい

   楽しい、たくさん遊べる

 動物の足跡がある

    夜になると怖そう

  におい

    空気をきれいにしてくれる
  
   二酸化炭素をすってくれる

  etc・・・

 いろんな思いがありました。


動物(シカ)の足跡があるとか、虫とりができたりして楽しいとか、
におい、気持ちいい、など、さすが村のほとんどが森林ということで、
実体験から出てくる言葉が聞けて、面白かったです。


山村に住んでいるからといって、自然体験が豊富かというと、
実はそうでもない話もあるんです。

というのは・・・
家と学校の往復がスクールバスで道草ができなかったり、
村は大字と大字が離れているので近所に友達がいなくて家であそんだり・・・
「過疎化」「少子化」という問題が背景にあります。

でも、今日の生徒さんは、それなりに外で遊んでいるのかな?
って思えて、ほっとしました。

次回、6/1は、間伐体験をします。
そこでの、彼らの山の歩きっぷりが楽しみです♪

間伐体験



 教室の窓から見える雨上がりの山並み
 その山肌にそって舞い上がる霧の変化
 教室の窓から見上げてすぐの壁には、コシアカツバメが巣をつくって空を舞う
 窓から入る何ともさわやかな空気、風の心地よさ
 そして、子どもたちの元気な笑顔

 あぁ、贅沢なひとときでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。