初♪ こんにゃくづくり

15年蒟蒻 (9)

今年は今までより早く田舎に墓参りに帰りました。
真っ青な青空!
お日様は気持ちいいけど、日陰は昼間でも霜が残ったままでした。
やっぱり田舎は冷えるなぁ。でも空気が美味しい!


15年蒟蒻 (2)

伯母さん家で、こんにゃくをつくってみたいと言っていたら、
今年はなんと、用意してくださってました!!
蒟蒻芋を2時間ほどゆでて、薪で湯を沸かし、色々と用意してくれていた伯母さん、
ほんまにうれしい~ ありがとうございます~!

で、こちらの芋、スプーンで皮をむきます。
芋は収穫するのに3年かかるそうです。


15年蒟蒻 (3)

芋の重さを計り、苛性ソーダを用意します。


15年蒟蒻 (6)

ミキサーにかけるので、小さく切ります。


15年蒟蒻 (7)


ミキサーにかけます。
この時の水の料は、芋に対してちゃんと分量を計っておかないといけません。
そうしないと、こんにゃくがかたまらないようです。
水を計る道具が一升枡というのがこれまたかっこいい
古くて水がもれてたけど♪


15年蒟蒻 (8)

そして、こねこねかきまぜて、分量の苛性ソーダを入れます。
そしてまたまぜて・・・


15年蒟蒻 (1)

両手に水をつけて、形をととのえます。
これが結構難しい!
手に水が足りないと手にひっついてしまうし、多いとうまくまとまらないし、
やわらかくて自在に形が変化します。


15年蒟蒻 (4)

そして、釜に投入~ 
ぐらぐらぐら・・・♪


15年蒟蒻 (5)

この形がいびつなのは、初めての私たち母娘の作品
次の回は上手に丸くできましたよ~。

母が子どもの頃は、ミキサーもなく、うすと杵蒟蒻芋をつぶしていたようです。
つまみぐいをしそうになって、怒られたとか。
アクが強いから、食べられるものではないようです。
それを食べてしまった伯母はとてもお腹が痛くなったのだそう。
あのお腹痛いのは忘れられんわ、とおっしゃってました。

その蒟蒻、今は我が家のストーブの上で鍋にかかっております♪
今夜のおかずです
味付けしたのと、刺身でたべます。
楽しみ(*^^*)

伯母ちゃん、ありがと~♪
そうそう、伯母ちゃんの漬物はすごい美味しいです♪
美味しい空気と美味しい水のおかげかな~


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード