めぐる春

近所の桜

今日、近所の堤防でお花見をしました。

みなさんはこの春いつ、ツバメを見ましたか?
私は 3/30でした。
うれしくて母に話すと、「あれ、もう2週間くらい前からいるで。ちゅくちゅくないてるで。」と。

あぁ、ショック。
そんなに早くから来ていたのに気づきませんでした。

ツバメが空を舞っている姿とその声に出会うと、
毎年、うれしくて愛しい気持ちでいっぱいになります。
はるばる南国から、長いたびをへて、こうして日本に子育てをしに来てくれる。
今空を舞っている子たちは去年生まれの子かもしれないし、
日本へは2年目、3年目の子かもしれない。

毎年、こうしてこの季節、変わらずここで出会えること、
ほんまにうれしいです。
めぐる季節、彼らは何を感じて海を渡り始めるのでしょうね。

なのはな

そして自然のつくりだす色やかたちは、本当に多様で美しいです。
これは菜の花。
小さな種から、茎が伸びて、こんなデザインのものがいくつも展開。
不思議・・・!

草
風にゆれる草・・・

水面の花びら
水面に散った桜の花びらが、藻の上にとどまっています。

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ。

毎年同じ風景、同じ植物を見ているのに、毎年感動します。
めぐる同じ季節。
でも、感じ方も視点も気づきも、私という人間も同じでありながら変化している。
去年感じなかったことに感動し気づけることもうれしい喜び。
くるくるとらせんを描きながら、同じ季節、違う時空を移動していく。

たくさんのヒナが成長できるだけの、ツバメの命を支えるたくさんの虫たちの命。
その数は想像をこえます。
この自然のバランスを崩さず、
何十年、何百年先もこうして多くの命を支える豊かな国土であってほしいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード