森の時間がうまれた森

水源地150530 (2)

5/30・31は、大好きな森で過ごしてました。
この村で働いていた頃に職場で出会った大学の先生、ランテさん(日本人)
私が退職してからも大学の行事(授業)のガイドとして私をよんでくださいます。
感謝です。

今回の学生さんの参加が少なくて女子4人。
時々学生をほって私も森を満喫しちゃいました


水源地150530 (3)

渓谷の大きな岩をスクリーンに映し出される木々たちの影。
水面の光も一緒にゆらゆらが演出されています。


水源地150530 (4)

大地には沢山の木の子どもたち。
このほとんどは大きく育つことはないでしょう。
種の冬を越し、地上に出てきた緑の新しい葉が
今このひと時は太陽の光を満喫しているようです。


水源地150530 (5)

なんと表現してよいやら このかわいらしさ。。。


水源地150530 (10)

枯葉の上に上手に舞い降りてきた大きなトキの木の花。
その横に、モミの木の赤ちゃん。
土に還る命と土から生まれた命。



水源地150530 (9)

この場所は私にとって特別な場所。
簡単には表現できませんが、やっとこの森に受け入れてもらえた、そう感じた場所です。
今でもその時の美しい光景を思い出すと、あー、
あー・・・・
やっぱり表現できませーん


水源地150530 (8)

葉を光に透かして見るのが好きです。
落葉樹はその美しい葉脈の模様と透ける緑色、
常緑樹は針で開けたような小さな穴を探し、そこからもれる太陽の光、
そんなものを、ちょっと頭も心もトリップして眺めて浸るのが好き。


水源地150530 (7)

地面の上で時間をかけてできた落ち葉のレース。
葉脈がきれい・・・
枯れていくものの美しさ。

50才、60才、70才、80才・・・
私も自然のように時を経てどんどん強く美しくありたいわ。


水源地150530 (6)

パートナーがいるってありがたいね。
人は人によって存在する。
いろんな人 ありがとうなのだ


水源地150530 (1)

寝転がって撮った森。
上下左右が不思議な森になる。
なんじゃこりゃ? とよく見たら、クモの巣も写ってたんやね。

森のお散歩会、再開するぞー
会う人会う人に言っておきながら、まだ何も決まっておりません。
この森の別ルートを歩こうかなと思ってはいるのだけれど。

ではまた




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード