災害時支援

炊飯袋

今日は日本赤十字社の災害時支援の講習に参加しました。


日本赤十字社の災害時支援についての講座に参加してきました。
お昼は、炊飯袋で炊いた(ゆでた)ご飯にレトルトカレー。

袋にお米さんとお水を入れて、沸騰した鍋に入れて約30分。

この袋ご飯の利点。

★中の水はもちろんきれいな水だけど、鍋の水は川などの水を使える。
★箸やお椀がなくても、おにぎりのように食べられる。
★あったかいご飯を食べられる。
★具材を入れたりして、いろんな味を楽しめるのでうれしい。
★食べられない分は袋に入ったままとっておけて衛生的。

日赤でも販売されているようです。
一枚5円。

日赤 (2)

午後からは実習。
毛布で担架をつくったり、寒さ対策のガウンをつくったり、
着物の細い帯やシーツを使って、大人をおんぶしたり・・・

一度の体験やと使わなければ忘れちゃいます。
でも、一度体験しておくと、からだも脳もちょっとは覚えているもんで、
確か2年ほど前に受けた記憶がチラホラよみがえってきました。


日赤 (1)

三角巾で足の保護。
足の裏にタオルを敷けば、スリッパがなくても足裏を守ることができます。

その他、コップ1杯のお湯で、アツアツのタオルをつくれます。
お風呂に入れないときに、からだを気持ちよく拭けます。


日赤では、さまざまなテーマで出張講習をされています。
みなさんも自治体やグループで講習会を開催してみませんか。

確か、講師代が3000円 + 教材費は実費です。


s-水滴


“自助” 自分の身は自分で守ること。
“共助” 家族やご近所さんの助け合いで助かる命が多いのです。

今度は、心のケアの講習も受けたいと思っています。
人数が集まれば先生をよべるので、ご興味のある方、連絡くださーい(*^^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード