スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキャッチャーA (1)

今日、本棚の本を眺めていたら・・・

あぁ・・・買ったのに読んでない本が目に入りました。

あちゃー。こんな本がいっぱいあります。
自己啓発本っぽいのとか、スピリチュアル系、エッセイ本なんかも読んでないのが多い。

私の本棚の本は、植物図鑑や環境教育、木工、写真集などの自然系の本、
自然が舞台の物語や詩集、
数秘やクリスタルボウル、カラーセラピー、木のヒーリングなど、ヒーリング系の本、
ネイティブアメリカンや、アボリジニの文化について書かれた本、
もう、書き出したらいっぱいあって、
その中でも自分の支えとなった本はたくさんあって、
宮沢賢治や星野道夫、レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』、てんつくまんの本、
ネイティブアメリカンについて書かれた本、などなど・・・

子どもの頃はほとんど読まなかった本。
でも、中学生の夏休み前、学校で配られた本リストの紙から選んで買ったのが、
イギリスのイーニッド・ブライトンの冒険シリーズ。

子どもたちが谷や海、城、島を舞台に冒険する話は本当にわくわくし、
物語の中の見たことない景色を想像しては、色や香りを感じてみたり、
登場するツノメドリという鳥が好きになったり。

カムチャッカに行ったとき、物語のツノメドリじゃなかったけど、
エトピリカを見れて感動したし。

自然や野生動物について学ぶ専門学校に行っていたときは、
自然や動物、ネイティブアメリカンの自然とともにある生き方に関する本が多く、
社会人になってからは、自己啓発というか自己探求に関する本、
カウンセリングや教育に関する本、健康や自然療法、ヒーリングなど、
今では当たり前になったスピリチュアル系の本など、いろいろと出会ってきた。
絵本も大好きで、いわむらかずお美術館も行ったり。


本との出会いによって成長してきたなぁ。
本の中の一つの言葉が、その時の自分の生きる中心になったり、
それを支えにいろんなことにチャレンジできたり、自分の考えを確認できたり。

何十冊もある本、この本たちを見ていると、自分の人生がとても愛しく思えて、
思わずほろっとしそうになったりして。

いっぱい もがいてきたなーって。
いっぱい 悩んで 迷って 戦って もがいてきたなーって。

いろんなことを教えてくれたり、感じさせてくれた本たちがとても愛しい。
そして、そんな時を過ごしてきた自分の人生も。
あの時があるから今がある。

そして、今日の自分から明日の自分へ・・・
10年後、20年後の自分は、今の自分に対してどう思うやろう。


オヤスミ・・・

 * * *
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。