スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虻ちゃんの涙

今日、 たまたま見たら・・・
虻ちゃんの涙。

しずく


子どもの頃、背が高かったり、ソフトボールというスポーツをやってたこともあり、
男の子っぽく生きてきた虻ちゃん。

女の子を表現することは人に受け入れられなくて、
女の子を封印して、強くならなきゃと、頑張ってきた虻ちゃん。

自分で自分の女性性にフタをした虻ちゃんは、大人になってもそうだった。
女を捨てるような女芸人の道をえらんでいた。

 の出演者が、虻ちゃんの心のフタを開けてくれて、
虻ちゃん、泣いてました。


インナーチャイルドが、気づいてもらえて喜んでました。
西川史子ちゃんも、ぽろりと・・・


「私は女の子だよ」
「私はかわいい女の子だよ」

 と、言えるようになった虻ちゃん、おめでとう



みーんな、多かれ少なかれ、インナーチャイルドを抱えて生きている。
それに気づいてあげることで、今までより、もっともっと自分を好きになれる。


自分にも当てはまるなぁと思って見てました。
気がついたら、なぜだか全く検討つかないけど、女性性にフタをして今日まで来ております。
それも数年前にカラーセラピー(オーラソーマ)を学んでからゆっくりと解凍しつつありますが、
まぁ、長年のパターンはそう簡単にはほどけません。

でも慣れです。
最初はなんでも勇気がいったり、難しかったりするけど、
自分が思うほど人は思ってないし、
エイ!と最初の一歩をやってしまえば、不思議と二歩目は出やすいものです。


私は、色や、森をとおして、
インナーチャイルドと仲良くなれるきっかけをつくりたいと思ってます。

色をつかうことで、潜在意識とつながれるし、色は素直やし、
森は誰でもありのままを受け入れてくれて包み込んでくれるし、
色も森も、自分で自分に気づいて、自分で自分を大切にする、そんな力がある。

私はその間に立って、ちょっとお手伝いができたらいいなって、
涙が流れてキラキラになるのを見てたいなって、思うのであります。


枝としずく


今日の 一緒に涙した方も多いのでは?
虻ちゃんも、史ちゃんもかわいかったね


そして、私自身も、まだ鎧があることに気づかせてもらえたし、
それを脱いでいきたいと思いました。

もう大丈夫って思っても、結構まだまだだったりするんだなーこれが。
でも、気づけたことで、すでに変わっているから

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生

*FBやってます*

■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。