昨日のナイトハイク

20121013ナイトハイク

昨日のナイトハイク。

今回初めて、クリスタルボウルや鳴りものを持って上がりました。
山頂は風が吹いてて、ちょっと寒かったけど服を着込んで、音あそびを。
寝転がって身体にクリスタルボウルの音とその響きを感じてもらったり・・・

毎回恒例のお茶は暗闇の中だったので、焦がしちゃいました(ひょえ~!)
香ばしすぎるお茶で、ここで飲むから美味しい山の味ということで


色のエッセンスを使ったプチ瞑想?をした後下山。
途中、空中散歩気分を味わったり、ろうそくを使った実験や色あてをしたり。


木のシルエットがくっきり、浮かびあがる夜の森、
一人静かに歩いていると、一本一本の木の存在が生々しく感じるというか、
その息遣いがわかるような感覚になる。

しなやかな木、力強い木、やさしそうな木・・・
夜の闇の中なのに「生」や「人格」みたいなものを感じる。


参加してくださった方から、
最初はちょっと怖かったけど、だんだん守られてるような気がしてきて、大丈夫って思った。
私達はこうして森に守られているのに、自分は何もできていないなって考えてた。
手で感じてみたら、色がわかったよ。
などなど・・・

ここではうまく書けないけど、いろんな感覚でいろんな感想をいただきました。
感性や感覚を共有・共感できたことが私はすごくうれしかったです。


普段、町の中で人工的な明かりの中でくらしていても、
からだにはちゃんと感じるセンスを持っていて、そして底ではちゃんと知ってる。わかってる。


帰りの車の中、私が「早く走りたくない~。時速40kmが限界だー。」って言ったら、
今回初めて参加してくださった基子さんが、人間は、時速40km以上の速度になると、
ビタミンが壊れたり、なんちゃらかんちゃらって教えてくれました。
つまり、40km以上はストレスなんだってこと。

自然の中、自然の速度で過ごした後は、
車の速度はとてもしんどく感じるんですよね。
たいてい、帰りの車ではそんな感覚になります。
後ろに車がいなければ、30kmくらいで走ってたい~って思います。

へー、私のからだ、ちゃんとわかってるんやー。

でも、からだってうまいことできていて、すぐ順応しちゃうんですよね。
仕方ないから流れに乗っていたら、だんだん速度をあげても大丈夫になってくる。
それも自分。

でも、森の中にいるときの自分も本当の自分。
遺伝子も脳ミソも使ってない部分がほとんど。
自然の中、とくに夜は視覚情報が減るから、その分他の感覚が使われて、なんだか気持ちいい。

今度はナイトハイク、いつしようかなぁ・・・
もう寒くなっちゃうなー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生

*FBやってます*

■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード