ぴんく

今日、ご縁である方のおうちにお邪魔させていただいたのですが、
窓辺に淡くてかわいらしい、ぴんく色のシクラメンがいました。

何ともいえぬやさしいぴんく色です。。。

私は子どものころは、毎晩と言っていいほど、
白黒やセピア色の夢ばかりみていて、いつも追いかけられて逃げる怖い夢でした。

どうせ死ぬのに、なんで辛い思いをしに生まれてきたんや、と
もの心ついたときから思うような、しんどい子でした。

親はかわいい色の服を着せたかったようですが、
私は苦手で、いつも拒否してました。

かわいいとか、鮮やかとか、そんなものが受け入れられなかったんですね。
好きじゃなかったです。

でも、30歳を過ぎたころ、やっとぴんくが受け入れられるようになりました。
自分が変わりたかったんやと思います。

人には「いつも明るくて元気ね」と、ポジティブな私でしたが、
自分では、内面、すっごくネガティブやし、人づきあい怖いし・・・
なんて思っていました。
適当なところもありますが、反面潔癖症なところもあり、真面目でもあり、道徳的でもあり、
よくまぁ、ウツにならなかったなぁ、と思うくらいです
それくらい、しんどいことが多かったです。

ある仕事を辞めようと考えていた、30代前半、
自分は何をしたいかではなく、どう在りたいか、と考えるようになりました。

たぶん、その頃からなんでしょーねー、ぴんくを受け入れられるようになったのは。
当時は、好きやからぴんくの服を着る、というのではなく、
ぴんくにチャレンジだ!私は変わりたいねん!
みたいに、力の入った受け入れ方でしたが(笑)

で、たぶん、ぴんくにはじまり、いろんなことを受け入れる準備ができてきたんでしょうね。

ふと気づけば、頭の中が「オーラソーマ オーラソーマ」とこだましてました。

なんで?

と思いながら、ずっとこだまするもんで、じゃ、勉強してみるか、
ということになったのが、ちょうど5年前。

いやー、それからが大変でした。

もともと色や絵は好きで、高校生の頃は勉強するのが嫌だったので、
デザインの専門学校にでも通おうかなーなんて軽く思ってたくらいです。
講座初日は、どんな色のことが勉強できるんやろうと、わくわくして行ったのですが、

あぁ、なんか しんどい・・・

 の日々でした。

その時はなんでしんどいのかわからず、ただ重い。
通いたくないと思うくらいなんでか行きたくなかった。
奈良から大阪まで出ておきながら、
「先生、今日行けない・・・」と電話して休んだこともありました。

 講座中も、先生のなんてことない言葉に びょー。。。
 
  ボトルに関連する絵を見せられて びょー。。。


   とにかく、よく泣きました。 もがきました。

 
 まぁ~、初期のころのオーラソーマとの出会い話をすると長くなるのでやめといて。



で、なんでか自分でもわからへん辛さがあったのに、再受講、次のステップ、再受講と、
いっきに次、次、と受講してました。


 そして・・・

いろんなことを意識しながら、ボトルやポマンダー、クイントエッセンスとワークをし、

 気づいたら・・・

 タケノコが伸びてゆくように、
 竹の皮よりもうすいオブラートのような皮が、ペリペリと自然にはがれてゆき、
 以前よりも楽になっている自分に気づきました。


私は、オーラソーマ・色・光と出会って、本当によかったんです。

オーラソーマのボトルは生きたエネルギーです。
100本以上あるボトルたちが、私に働きかけてくれてたんやなーって思います。

ボトルも15本くらいは使いましたねぇ。
今も、今年の数字のボトルを使っています。


大げさに例えるなら、トンネルから出た感じです。
闇から光へ、です。


今日はなんでこんなことをつらつらと書いているんでしょーねー。


私が色をとおして伝えたいこと、それは一言では言えないです。

昔、鉛筆や何やらでよく目にした言葉
 
 「この子らに世の光を」「人生に光あれ」だっけかな。

 
 今、この言葉の意味が深く感じられます。


そんなわけで、なんかよぅわからんようになってきましたが、

色を通じて、一人ひとりの内にあるもの(魂)が美しく輝けるような
そんなお手伝いがしたいと思っています。
そして自分自身も、いろんな人と出会わせていただくことで、
幸せをいただいたり、成長させていただいています。



 ふぅ。。。


 感謝です


 ぴんくのシクラメン、私に何か言いたかったのかな。


さぁて、また明日からゆるゆると楽しもうっと!






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード