真実 事実

震災。様々な情報が飛び交っています。

何が真実で、何が事実か、そして何が求められているのかわかりません。

パニックの余波に巻き込まれないようにありたいものです。
と、いいつつ、しっかり私も渦にはまっていますが…

しかし、人は感情の生きもの。
心が動かないはずはない。
単純な私は冷静を努めようと思いつつ、もう半分は動いちゃってます。
ちょっとでも助けになるのなら、可能性があるのならと。

でも、被災地から離れている私たちは、調べる手段がある。
こんなときだからこそ冷静に事実を見ていかなきゃいけない。

かと言って、流出している情報、隠された情報から、
どうやって事実を見つけるのか。
自分の目で見て聞くのが一番だけど、そうもいかない状況。

自分の責任で自分で見極め、自分を信じるしかないのか…
ここに書いてあることも、ウソかもしれません。
自分で確かに確認したことではありません。
無責任かもしれませんね。

ただ、思うのは、これを気に原発のことを考えたり、
こういう状況に陥ったとき、自分はどう行動してしまうのか、
冷静でいるか、パニックになってしまうか、
そんなことを振り返るのも、災害に備えることになるかと。

海藻がきくなんてのもデマだ、という話もあります。
真実はどこに?



友達からこんなURLを教えてもらいました。
冷却水喪失について書かれてあります。


東北全ての原発、どうか無事でありますように。
どうか、これ以上だれも、大地も海も被爆しませんように…

↓ ↓

恐ろしい冷却水喪失
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-1.html

さらに、こんな情報もいただきました。

■放射能から身を守る方法

(1)呼吸の仕方が分かれ道

外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。

そのため、放射能を吸い込まないように
高性能フィルター防塵マスクをつけてください。

汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。

傷口からも放射能が入るのでバンドエードやテープで防いでください。

ゴーグルやレインコートがあれば目や肌も覆ってください。


(2)家には1週間閉じこもるように


まず水が一番大切です。

家じゅうの容器に水をくんでおいてください。
ペットボトルの水も大量に用意すべきです。

次に、米、麺類です。これらはかさばらず日持ちします。


(3)閉じこもる時の注意点


とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください。

換気扇は消しても隙間があいているので、
シートとテープでしっかり隙間を防ぐべきです
窓のサッシの隙間もテープとシートでふせいでください。


(4)雨が降ったら絶対にふれてはいけません


放射能を含む雨はもっとも危険です。

事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません。



では、一刻も早く準備してください。

1人でも多くの方の命が助かることを祈ります。

この案内はコピペして広めていただいても構いません。

_____________________________________


京大の原子炉研究所の小出先生のメールを転載します。
普段、こういったニュースには慎重な意見を言われる先生がここまで書くのは
余程です。
・・・・・・・・

皆様、福島原発は破局的事故に向かって進んでいます。
冷却機能を何とか回復して欲しいと願ってきましたが、
できないままここまで来てしまいました。
現状を見ると打てる手はもうないように見えます。
後は炉心溶融が進行するはずと思います。
それにしたがって放射能が環境に出てくると思います。
その場合、放射能は風に乗って流れます。
西向きの風であれば、放射能は太平洋に流れますので、
日本としては幸いでしょう。
でも、風が北から吹けば東京が、南から拭けば仙台方面が汚染されます。

今後、気象条件の情報を注意深く収集し、
風下に入らないようにすることがなによりも大切です。
周辺のお住まいの方々は、避難できる覚悟を決め、情報を集めてください。

           2011/3/12  小出 裕章
________________________________


件名: [rh2_ml:867] ヨウ素

原発震災が起きたら、トロロ昆布をすぐ食べよう

「放射能で首都圏消滅ー誰も知らない震災対策」 三五館から引用します。

首都圏に飛んでくる放射能で、特に症状が出やすいのは、
放射性ヨウ素による甲状腺異常です。

体内のヨウ素は70~80%が甲状腺にあるため、放射性ヨウ素た体内に入ると、
甲状腺に集まって、やがて甲状腺ガンを引き起こします。
特に、若い人の発がん性が高くなります。

「甲状腺ガンから身を守りたい」

チェルノブイリ原発事故で甲状腺の異常が増えて、甲状腺ガンが20年経っても
減らないことは前にお伝えしたとおりです。

これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素を先に体内に取り入れて、
放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させておくことです。

体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに排泄されるので、
それを利用して放射性ヨウ素の被害を避けることが出来ます。

もちろん、第一の対策は防塵マスクで放射能を体内に入れないことで、これが
最も重要ですが、さらに防御する意味で、日常的にヨウ素を多く含んだ食品を
食べるように意識しつつ、放射能の危険が迫ったら、間に合うようにヨウ素をと
れば有効な訳です。
    
「手っ取り早く」はヨウ素剤

ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤です。
服用のタイミングは、放射能に襲われる直前がベスト。
被ばく後でも3時間後で50%の効果があるとされています。

原発から半径8~10Kmの自治体では、法令に従って、
錠剤のヨウ素剤を備蓄しています。

それ以外の地域では備蓄していないので、前もってインターネットで販売され
ている物を買っておきましょう。小さいお子さん用に、
液体状にして飲めるキットも売られています。

ただ、ヨウ素に過敏な体質の人は、錠剤を飲むと発疹などの副作用が現れるこ
とがあるので、用量、用法には注意が必要です。
   
「食品で取るならトロロ昆布」

食品でヨウ素をとるなら、副作用の心配はありません。
特に多くヨウ素を含む食品は昆布で、ワカメの4倍くらい多く含んでいます。

普段から、昆布などの海草類をよく食べるようにすると共に、原発で事故が起
こったと知ったら、食べやすいトロロ昆布などを多めに食べるのが、
無理のない健康的な対策です。

トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して危険なので
お吸い物などに入れて食べましょう。

「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
    乾燥昆布一切れ1枚1グラム
    トロロ昆布大さじ販売1グラム
    乾燥ワカメ5グラム
    いわし中2匹96グラム
    さば1切れ100グラム
    かつお1切れ100グラム
    焼き海苔10枚3グラム
    ぶり1切れ80グラム
    塩鮭1切れ60グラム
    寒天1角の半分4グラム
   
  
※万が一の時にはまず、防塵マスク、ぬれタオル・ハンカチで口鼻を覆って、
吸い込まないように。

    -----------以上です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード