『満月の夜 母を施設に置いて』


s-満月の夜



介護のケアマネジャーさんオススメの本です。


一部、抜粋で読んでくださり、
うる・・・
涙がでました。

鼻水じゅるじゅるになりそうなので、
一人でこっそり読みたい本です。


『満月の夜、母を施設に置いて』


詩:  藤川幸之助
絵:  松尾たいこ
対談: 谷川俊太郎

中央法規 \1500(税抜きだったかな)


【帯の言葉】

介護は、
どうしてこんなに
無駄で貴いのだろう。

認知症は、
どうしてこんなに
腹立たしく
愛おしいのだろう。

母は、
どうしてこんなに
小さくて
大きいのだろう。



s-満月の夜a

満月の夜b
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ちらっと見ただけで、わたしも母のことを思い出しました

母との絆・・・
母は、一昨年の暮れに亡くなりましたが
わたしの見えないところでしっかりと生きてくれています。
母の介護が、わたしの人生のもっとも大切な時間で、成長の時でした。o(^-^)o感謝しています。

満月の夜、母を施設において・・・なんて・・・
思い出が。。。湧いてきます
プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード