スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミのはね

学童でのある日。

夏休みに入ってから、特に低学年は、セミとりをして楽しんでいます。
こないだ、一緒にセミを探していたら、
落ちていたセミの死体を、子どもが見つけました。

一見茶色一色のセミ。
なのに、はねを太陽に透かしてみたら・・・
なんと、はねの先端部分が青く光るのです。

何ゼミかわかんないんだけど、羽が茶色っぽいやつです。
太陽の光が屈折して青だけが透過するんでしょうねぇー。

太陽の陽射しがきつすぎて、細い羽ですから太陽にかざすのも慎重に慎重に・・・
直接太陽を見ないようにしてても目が痛みそう。
でも、あのなんとも美しい青は、じーっくり見ていたいです。
青の光を見つけたときは、子ども以上にはしゃいでました(^^)


昆虫のからだはほんまに不思議です。
薄さ、○ミクロン??の羽の複雑な構造には感動します。


大きなあみと、虫かごをもって、じーっと木を見つめる子ども。
その姿を見ていると、私も自分の小学生の夏休みにタイムスリップした気分。


子どもにとっては、ぬけがらも宝です。
虫かごの中、ぬけがらだらけです♪

大人になったとき、虫とりをしたこの時間を懐かしく思い出してくれるかな。
虫とりをした時間が、宝の思い出になりますよーに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。