いただきます と ごちそうさま

つる

今月から、ピンチヒッターで、児童館に通っています。

今日、おやつの時間に、「いただきます」と言ったら、
1年生、2年生の子達が、「なんでいただきますって言うん?」と。

「え? 食べるときには、いただきますって言わない?」
「言わへーん」とか
「朝ごはんと晩御飯のときだけ~、それ以外は言わない」

「でも、給食食べるときにいただきますって言ってるでしょ?」
「言うてない~」
「私、ぜったい言わへんもん」
「そんなん言うのいらんわぁ」

ほんまかぁ?? (@_@;

みんな、命をいただいてるんやし、みんなのために料理をつくってくれてるんやから、
感謝していただきますって言おうよ。

というと、まぁ、ふざけてかどうか、嫌だ、言わないとか、
命なんて食べてないもーん等と、みんな言いたい放題。

「いただきます」も「ごちそうさま」も当たり前に、普通に言う言葉かと思ってたのに、
今の子たちは言わないの?
今の親は、そういう大切なことを教えないの?

私の内にある思いを書くと長くなるので書きませんが、
この子たち、生きているって、生かされているって、
感謝とか、命って、どうやって学ぶんやろう。

子ども達と過ごす中、日々、いろんなことを考えさせられます。

子ども達の目の輝きや表情、姿勢、言葉づかいが、いろんなことを語ってくれています。
私たち大人の責任の重さを感じます。
子どもは大人の鏡です。

大切な、小さな命を、守ってゆきたい。
守って育てる社会にしたい。
そう思うのであります。

自分の生き方が、見えない糸で、いろんな所、いろんな人と、
時空を越えて関わっているから。
つながっていると思うから。

短い時間ですが、この子たちと過ごす時間、大切にしたいなーって思います。
そして、私も、子どもたちに成長させてもらってます。
いつも、いろんなこと、気づかせてくれて、楽しませてくれて、ありがとうね。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード