スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちと明神山へ

150627明神山 (1)

こないだの土曜日、子どもたち(保護者も)と明神山に行ってきました♪
まずは、山に入るときの注意☆
マムシさんとヤマウルシの説明を。

150627明神山 (2)

ちょっとのぼり始めたら大和平野が見渡せて気持ちいいです。

150627明神山 (3)

明神山ではいつもやる遊び、“森の空中散歩”
空より地面ばかりを見て楽しんでる子もいて、子どものセンスは面白い。

150627明神山 (11)

一週間前に来た時には殆どなかったキノコがたくさん姿を見せています。
子どもたちもキノコに名前をつけたり、見つけて数を数えたりして大盛り上がり♪
きのこも子どももかわええわぁ。

150627明神山 (10)

途中の人工林ではちょっと森のお勉強。
伐ることで守られる森があること云々・・・をお話。
子どもたちよ、大人になったら地元の木で家を建てておくれ。

日本は70%近くが森林というとても恵まれた豊かな国。
その森林面積の半分近くが人工林です。
でも今、その人工林は人の手が入らず、光が入らず、とても元気がない状態です。
草が生えず、生き物が住めない、暗くて寂しい森です。
場所により、本当にガイコツのようなところもあります。
人の手がはいり、命光る森にしてゆきたい。

150627明神山 (9)

きのこにより土にかえってゆく枯れ木

「ぐるぐる回ってるんやー!」
「循環してるんや~」

子どもたちが素直に感じてくれてうれしい。

150627明神山 (4)

「トトロの傘や~♪」 「ほんまやねー!」
大きな桐の木

150627明神山 (5)

お茶の材料をいただきながら歩き・・・

150627明神山 (7)

お茶の準備
もくもくと・・・

150627明神山 (8)

子どもたち、夢中で準備中♪

150627明神山 (6)

心配だった天気もこの小屋にいる間にパラっときただけ。
お空よ ありがとー。
森の恵み、ありがとー。
いつもお手伝いしてくれる相方さん、写真撮影もありがとー。
参加してくれたみなさん、ありがとー。

スポンサーサイト

森へ

150613下層 (2)

またまた行ってまいりました。大好きな森へ。

150613下層 (3)

目的は、簡単に言うと下層植生と鹿との関係を調べるための柵とプロットの見回りですが、
私は調査という名のリフレッシュ(回帰)のために

150613下層 (4)

10年前はそれなにりスイスイ歩いてた道が、今はゼーゼー、ハーハー・・・
心臓、バックンバックン・・・
立ち止まってカメラをむけるも呼吸が荒くて写真がぶれる・・・

150613下層 (5)

光と緑に癒され、風に汗をとばしてもらい、上をめざします。

150613下層 (6)

木たちに久しぶりやねーって声をかけながら、幹に手を触れながら、

150613下層 (10)

たくさんの木々の時間と生命を感じながら

朽ちてゆく木と小さい木の未来に思いをはせながら

150613下層 (8)

大地の柔らかさを感じ、そこに落ちた無数の木々の種を見ながら

150613下層 (7)

力強さを感じながら

150613下層 (13)

どうどうとしたマムシさんに遭遇して ドキッとしては

150613下層 (14)

いろんな森の姿の美しさにうっとりしながら、
衰える自分の肉体を感じながら過ごした森の一日。
ふう~っ・・・

150613下層 (1)

人工的な音がなく
聞こえてくるのは風の音、鳥の声
なんて静かな空間

空の下、大地の上、森の木々に囲まれ、ただ立っていると、
本当の自分、本当の人間、本当のただの存在にもどって気持ちいい。

生きる こと
在る こと

シンプルで気持ちいい

と・・・ここで写真は終了。
目的地に着くまでにバッテリーがなくなりました。
しっかり自分の心で見て、心に写しておきなさい、ということやね。
みなさんにはこの続きをお見せできなくて残念。

またの機会に

7/11(土) 出店するですよー

ひっさしぶりの出店でございます。
場所は大阪ですが、ぜひお遊びにいらしてくださいませー(*^^*)

今回はセラピーはしなくって、クラフト販売とワークショップです

小さな森0711 (1)

『癒楽りすと』さんのイベントは、どのブースもワンコインで参加できるメニューがあります♪

私のワンコイン体験はこちら。
“小さな森”の、ちょこっと体験で、3本の木のうち1本を作ってもらいます。


小さな森0711 (2)

 天然石とスワロの森 (700円)


妖精ストラップ0711

 森の妖精ストラップ (500円)


サンキャッチャー0711 (2)
サンキャッチャー0711 (1)

 サンキャッチャー (2500円~3500円)


お花畑0711 (1)
お花畑0711 (2)

 小さなお花畑 (1,200円~1,400円)


基本的にはどれもワークショップできるように準備していこうとは思っているんだけど、
時間とスペースの都合上、できないことがあるかもしれません。
すみませんが、その場合、またどこかで参加してください(^^)


クリック クリック 

癒楽りすと1

癒楽りすと2

森の時間がうまれた森

水源地150530 (2)

5/30・31は、大好きな森で過ごしてました。
この村で働いていた頃に職場で出会った大学の先生、ランテさん(日本人)
私が退職してからも大学の行事(授業)のガイドとして私をよんでくださいます。
感謝です。

今回の学生さんの参加が少なくて女子4人。
時々学生をほって私も森を満喫しちゃいました


水源地150530 (3)

渓谷の大きな岩をスクリーンに映し出される木々たちの影。
水面の光も一緒にゆらゆらが演出されています。


水源地150530 (4)

大地には沢山の木の子どもたち。
このほとんどは大きく育つことはないでしょう。
種の冬を越し、地上に出てきた緑の新しい葉が
今このひと時は太陽の光を満喫しているようです。


水源地150530 (5)

なんと表現してよいやら このかわいらしさ。。。


水源地150530 (10)

枯葉の上に上手に舞い降りてきた大きなトキの木の花。
その横に、モミの木の赤ちゃん。
土に還る命と土から生まれた命。



水源地150530 (9)

この場所は私にとって特別な場所。
簡単には表現できませんが、やっとこの森に受け入れてもらえた、そう感じた場所です。
今でもその時の美しい光景を思い出すと、あー、
あー・・・・
やっぱり表現できませーん


水源地150530 (8)

葉を光に透かして見るのが好きです。
落葉樹はその美しい葉脈の模様と透ける緑色、
常緑樹は針で開けたような小さな穴を探し、そこからもれる太陽の光、
そんなものを、ちょっと頭も心もトリップして眺めて浸るのが好き。


水源地150530 (7)

地面の上で時間をかけてできた落ち葉のレース。
葉脈がきれい・・・
枯れていくものの美しさ。

50才、60才、70才、80才・・・
私も自然のように時を経てどんどん強く美しくありたいわ。


水源地150530 (6)

パートナーがいるってありがたいね。
人は人によって存在する。
いろんな人 ありがとうなのだ


水源地150530 (1)

寝転がって撮った森。
上下左右が不思議な森になる。
なんじゃこりゃ? とよく見たら、クモの巣も写ってたんやね。

森のお散歩会、再開するぞー
会う人会う人に言っておきながら、まだ何も決まっておりません。
この森の別ルートを歩こうかなと思ってはいるのだけれど。

ではまた




戦後70年 一緒に考えてみませんか

だいぶ前ですが・・・
実家のポストに チラシ が入っていましたので紹介

新聞やテレビなどでもよくお見かけする、
フリージャーナリストの西谷文和さんが、広陵町に来られるようです~。
以前にも一度西谷さんの講演を聞かせていただく機会があったんですが、
その時は用事があり最後まで聞けませんでした。
今回は、元・自衛隊員の方のお話も聞けるということで楽しみです。
戦地を自分の目で見て体験された西谷さんのお話、みなさんもどうですか。

マザーテレサの有名な言葉です。

“愛の反対は無関心”
 
愛のために・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、チラシより抜粋



◆西谷文和さん
武力の欧州に走らないために何が大切か
~戦争を現地取材されてきた西谷文和はこう考える~

◆特別報告:大嶋伸幸さん(元・陸上自衛隊陸士長)
~元自衛隊員が思うこと~

日時: 6月14日(日) 13:30~

場所: 北葛城郡広陵町大字笠168番地 
     グリーンパレス 5階大ホール

参加協力券: 500円


【西谷文和さん プロフィール】
大阪府出身のフリージャーナリスト
イラクの子どもを救う会代表
テレビ朝日「報道ステーション」、
毎日放送ラジオ「RadioNewsたね蒔きジャーナル」、
毎日新聞、朝日新聞などにも定期的に記事を寄せている。
2006年度平和協同ジャーナリスト大賞を受賞。
著書『戦火の子どもたちに学んだこと アフガン、イラクから福島までの取材ノート』(かもがわ出版2012共著)など著書多数。
後援: 奈良新聞、朝日新聞奈良総局、毎日新聞奈良支局
連絡先: 奈良広陵九条の会(0745-55-6250 井上)

ハワイ最終日

ハワイ島最終日はもう午前中に空港へ移動・・・

空港近くでアワビを購入♪

ハワイ最終日 (2)

日本の方が経営されています。
初日に空港で出会った日本の方から、ここのアワビは美味しいと聞いたので立ち寄りました。

ハワイ最終日タツ (2)

火山のふもとのこんなプレハブで、アワビを2つ注文♪
飲食店ではないけど焼いてくださいます。

ハワイ最終日 (3)

地面はごろごろ溶岩の石ころたち。
はるか遠くの山から飛んできたのか流れてきたのか。
ダイナミックですー。

ハワイ最終日 (1)

アワビが焼けるまで、近くの砂浜へ。
そういえば・・・ハワイ島、最終日にして初の砂浜です

ハワイ最終日 (4)

ええなー
のんびり時間・・・

ハワイ最終日タツ (3)

ハワイ最終日タツ (1)

ハワイ最終日タツ (4)

楽しかったハワイ旅行
風も太陽も海もイルカもクジラも鳥も火山もヤシの木も流れる時間も、
あれもこれも あれもこれも
ええ思いでです
またいつか 訪れたいです

ハワイ最終日 (5)

アルミに包まれたアワビは空港で食べました。
すんごい美味しかった
プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生

*FBやってます*

■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。