スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/28は木あそびと珈琲教室

水滴


3/28(日) 木心・香豆舎・森の時間のコラボ、第3回目

 『木あそびと珈琲教室』 開催です。

■珈琲教室 10時~

テーマ 『自分で豆を煎ってみましょ』
珈琲は生鮮食品!
自分で煎った、煎りたて珈琲を味わって。
(2000円 珈琲のお土産つき)

■木あそび 13時半~

ティースプーン、木のストラップ、風鈴など。
(700円~ 材料・お茶つき)
写真は、【森の時間・イベント】をご覧ください。

*教室と木あそびをセットでご参加の方は、200円引き
*各先着5名様
*詳細はお問い合わせください

申込はこちら・・・
●珈琲教室 香豆舎 090-3895-7447  http://kouzusha.com/
●木あそび 森の時間 niji-yyi@pb3.so-net.ne.jp  090-7359-1157

●場所:家具づくりの工場 「木心」  奈良県北葛城郡広陵町 
    

スポンサーサイト

オーラソーマ

私の友達が、オーラソーマのコンサルテーションをします♪
ボトルは見ているだけでも美しくて、ほっとします。

ちなみに、私の感じる彼女のイメージ、それは軽くて大きな`ショール’。

色をとおして、すてきなあなたと出会ってね♪



kio.jpg

4本のボトルを選んでの楽しいミニセッションです。
選ばれたボトルはあなたただけの隠れた才能や可能性を教えてくれます。


と き: 2010年 2月28日(日)
ところ: 奈良県橿原市今井町 夢ら咲長屋3号室にて
      近鉄橿原線「八木西口」駅より徒歩約5分
ねだん: 1セッション(約20分) ¥1,000-

英国オーラソーマ社 認定プラクティショナー Kio(きお) 

お問い合わせ kio-at-colorlanguage@hotmail.co.jp

22年2月22日

今日は、平成22年2月22日。
母はこんな記念モノが大好きです。
記念すべき、22時22分、母と近所の駅まで入場券を買いに行きました。

残念ながら台紙は売り切れてなかったのですが、
それでも切符を買って、母は満面の笑みでございます。

入場券に、駅員さんが日付のスタンプを押してくださいました。
入場券、昔なつかし、厚紙の切符でした。
確か、国鉄時代、こんな切符だったような・・・?

ちなみに昔は車内で買う切符は、紙の束に手書きでしたよね。
駅の名前が紙に書いてあって、
車掌さんが乗った駅と降りる駅をペンで○か×か印をつけてたように思います。
それをペリっと一枚めくって渡してくれるのが、なんかままごとのようで好きでした。

高校に通ってたとき、乗り継ぎの駅に売店があって、
そこの看板は右読みでした。「店賣」(売の古い字ってこれであってる?)
店のおばあちゃん、顔は覚えてないけど、
駅がきれいに改装されて売店はなくなって、さみしかったやろうなぁ。
ホームの桜の木もなくなっちゃいました。

いろんなものが新しく生まれ変わって、便利になっていく。
常に時は流れ去って、決してもどらないけど、記憶はいつでもよみがえる。

今の子どもたちも、大人になったとき、
「なつかしいな~」って思い出して、それがすごく気持ちがあったかくなる、
そんな経験と記憶をいっぱい刻めたらいいのにね。

私がおばあちゃんになったら、今日の日のことがまた懐かしく思い出されるんやろな。

んー、最近、なんかすぐにセンチメンタルになっちゃう(>_<)
年かぃ?

優人となっちゃん



近所のお散歩


カラスの巣
近所の堤防。
桜の木にカラスが巣をつくってました。
巣の中に体が見えてたんやけど、カメラを出してる間に見えなくなっちゃった。
鳥たちもぼちぼち子育ての季節ですね。

来月には南の国から、ツバメをはじめ、いろんな鳥たちが渡ってきます。
桜のつぼみも少しずつふくらんできています。
カラスの子育て中には桜の葉が茂ってカラスを守ってくれるでしょうね。

昼の月
梢の向こうに昼間のお月さま。

みのむし
久しぶりにミノムシを見ました!
ミノムシ団地です。
この素材、このカタチ、つくる技、ほんまに芸術です。

何の実
なんの実かしら。
残ってるということは、鳥も食べないくらい、あまりおいしくないのかな。

公園
ゴルフ場みたいな公園。
里山がきれいな公園になりました。

最近では人が入っていなかった里山。
公園になって、たくさんの人が訪れるようになった里山。

どっちがいいのかわかんないけど、私はこの姿を見て寂しかった。
小さいころにあった山がなくなったから。
ここにすんでいたイタチやモグラやネズミやタヌキやヘビたちはどこにいったんやろう。
落ち葉の上を歩きたい。土の上を歩いて土のにおいをかぎたい。
きれいに整備されているので、ハイヒールのお姉さんがコツコツと音をたてながら、彼氏と歩いてます。

荒れて暗くなっていた里山。
そこに光がはいって、遠くの景色も見えて、きれいになりました。
ハイヒールでも楽しめます。
小さなお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、家族で楽しめます。
人が自然をもとめて訪ね、楽しい時間を過ごしてるのはうれしい。

でも、「きれい」と「美しい」は違う。

私はこの公園を見るたび、寂しい気持ちでいっぱいになります。

コケがたくさんむしられていました。大地が円形脱毛症みたいになってた。
誰かが持ち帰ったようです。
ほじくられた土から、周りの木々の根っこがむきだしに。
水分と栄養を得るための根が、空気中にさらされて痛々しいです。
自然をいただくのはいいことですが、思いやりをもってルールを守ってほしいと思います。

今日は、ちょっと寂しい散歩になりました。
でも、たくさんの出会いがあって、楽しかったです。
シジュウカラはさえずりの練習をしてました。

あと一週間で、三月ですね。

意味のないカタチ

最近、なで木ろだけじゃなくて、
置いて飾れるものをつくろうと思って、
気ままに、ふにゃーっとした感じで、刃を滑らせています。

オブジェ (2)

私のつくるもの、「これ何?」ってよく聞かれます。
私もわかんない・・・。

でも、必要な人にはそれぞれの使い道があるようです。
この子たちが、それぞれのお家でご主人さんと長く暮らしてもらえることを願ってます。

`なで木ろ’は、箸置きにするって言ってくれた人、引き出しのとってに、
ブローチに、飾りに・・・いろいろあるようです。

オブジェ

夕暮れ時だったので、影がとても長くのびています。
影から、どんなカタチか想像してみてね。

写真を撮っていたら、お散歩されていた老夫婦が、
「小鳥だね?お魚もいるよ。」
「木ですよね?かわいいね」
と、声をかけてくださいました。
なぜか魚のカタチをたくさんつくっていて、魚も鳥も並べていました。

声をかけてくださって、すごくうれしかったです。。。

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

こんなちらしを見つけました。
奈良県広陵町で、講演と映画のつどいがあります。
ご興味のある方、どうぞ♪

s-水滴

2/27(土) 13:30~16:20

場所: 広陵町かぐや姫ホール(中央公民館) 0745-55-1181

第一部) 
講演 「すこやかに生まれ、育ち、老いるために、地域医療を考える」


 講師:医師 竹村恵史さん

【プロフィール】
名古屋大学医学部卒。広陵町で代々「竹村医院」として地域医療に貢献される。
学校医、特養ホーム「大和園」配置医、講演会講師、医療シンポジウムのパネラーなど、
幅広くご活躍。現在、奈良県医師会理事。

第二部) 
映画 「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」


 大澤豊監督作品

*上映協力券 一般 1,200円/シニア・障・中高生 1,000円

豪雪、貧困、多病多死にあえぐ岩手県沢内村が、50年前になしとげた「奇蹟」。
1歳未満の乳幼児と60歳以上の老人の医療費の無料化、
全国自治体初の乳児死亡率ゼロの達成。
この偉業をリードした村長と村民の物語。

「生命尊重こそが政治の基本でなければならない。」
「住民の生命を守るために私は命を賭けよう」

深沢晟雄(1905~65年)
岩手県沢内村に生まれ、1957年、沢内村村長に当選。
1963年 生命行政が評価されて保険文化賞受賞。

主催:奈良広陵九条の会
後援:広陵町
問合せ:井上さん 0745-55-6250

アースディ奈良2010

アースデイ奈良2010
つなげよう広げようアースデイのわ(輪・和・環)

今年は、4/18(日)開催です!

みなさん、参加しませんかー(^▽^)
出店ご希望の方、第一次締め切りが、3/10(水)です。
説明会は3/27(土)です。

詳細はこちら↓
http://www.geocities.jp/earthdaynara/

太陽の輪

わけわからんようになってくる

昨日はバレンタインデー。
岩手と北海道と、それぞれの場所で仕事を楽しんで頑張る夫婦に一年ぶりに再会。

ブナという木のことを調べている彼女と、熊のことを調べている彼。
二人とも遺伝子に関する研究をしています。

昨日は遺伝子の話やら何やら、いっぱい面白い話に花が咲きまして、
話そのものも面白かったけど、忙しい出張の合間にこうして会えたことがうれしかったです。

で、頭のこんがらがる遺伝子の話。
わからないことだらけなので、まるで子どものように質問攻めしちゃいました。
目には見えないけど、確かにある物体の世界、
自然の仕組みの一端を解明しようとしている二人。
ブナの方は、数学の先生が、数学的に解明したいらしく、そのお手伝いをしているんだけど、
なんせ、DNAなんて、膨大な情報を含んでいて、それを解明するのは大変です・・・

研究すればするほどわかってくることもあるけど、
わかればわかるほど、わからないこともわかってくるわけで、
自然も人も、そして自分自身も、わからないことだらけです。
そして、真実はわからないよ、と彼女。

世界はそう単純じゃない。
そして、諸行無常。

どうして生物は子孫を残そうとするのか、
そんな哲学的なようで、偶然的なようで、科学的なような話も盛り上がりまして、
結局、理由はわからないけど、子孫を残してきたから今の世界と、自分が存在する。
それしかわかりませんで。

遺伝子の中には使われてない部分もあるらしく、
では、その部分はなくてもいいのではないかと思いきや、
それも必要な部分らしく、私たちの体を構成している細胞の一つひとつに核があり、
その中に膨大な情報のはいったDNAがある。
その一部に機能しない配列があったもしても、全体では必要なこと。
在ることに意味がある。

うーん。
深いです。

遺伝子については知識が乏しいもので、間違った表現があるかもしれません。
ご了承くださいませ。

彼女たちの仕事は、何かが「わかる」と、それは人が生きるための知恵になります。
動物と人の間の摩擦を解消することもあるし、
人の知りたい欲求を満たすことにもなるし、
人のエゴかもしれないけど、人も他の生物も存続し続けられる道を探ることにもなるし・・・

科学的なことを話していると、どうもいろんなことがわからなくなってきて、
哲学的な思考になっちゃって、そもそも生ってなんやねん、みたいな。
私って何者?って。

んー、何話してるんかわからんようになってきた。

んー、でも彼女たちの研究は、すごく純粋であると思う。
研究者や学者とよばれる人たちは、子どもっぽい人が多いのですが、
それはそれでいいんですけど、彼女たちは、人として自立していて、純粋で、
私はそんな2人が好きなんです。

昨日は久しぶりに、普段ほとんど使っていない脳を使ったので、
ちょいと興奮?してつぶやいてます。

ブナの開花のシステムと、熊の生態がわかれば、
人と熊の摩擦が少しでも解消されるかもしれません。
できることなら、どちらも命を落とさずに生きていてほしい。

ふぅ。
モミとブナ
モミの実生とブナの果実

今日の時間

今日は雨はあがってよかったけど、寒かったですー。
平日ということもあって、人はちらほら。
なので、久しぶりに根付(ストラップ)をつくってました。
楽しかったです♪
あらためて、つくるって、楽しいなー♪
木って、ええなー、と思いました(*^^*)

生きていくために必要なものじゃないけど、私にとっては気持ち的に必要みたいです。
木を磨いている間の無心な時間。
磨くごとにつるつるに変化してゆく様、その手ざわり、香り、
紐とビーズ、いろんな色から選択する楽しさ・・・

あぁ、この意味のないもの、意味のない時間、
この実に充実した時間であることよ~。

夕方には長屋のご近所さん、めーぷるさんが、さつま芋を差し入れしてくださり、
胃袋も心も満たされました♪

そしてまた、夕方は‘なで木ろ’を磨き続け・・・
集中するっていうのは癒しになるというか、なんかリセットになるような気がしますね。

今井町2月今井町2月 (1)

午前中は、長屋の番を木心の粂川さんにおまかせして、
私は、奈良県の森林環境税の取り組み報告と意見交換会に参加してきました。

森林の多面的機能発揮を目指す取り組みとして、
元気な森づくり推進事業、森林環境保全緊急間伐事業が、
自然との共生を目指す取り組みとして、
里山林の機能が回復するような整備、森林環境教育推進事業があります。

私も一昨年、指導者養成セミナーに参加させていただきました。
副読本は県内の小学5年生全員に配布され、
野外活動センターなど、いろんな場所で子どもたちが実際に森にふれ、体験しています。
体験学習は、まだ全ての学校で実施されてはいないようですが、
全校実施をめざして今後も取り組みをされるようです。

とは言っても、一度きりの体験だけでは、「なんか楽しかった」で終わってしまうような気もします。
もうちょっと長期スパンで体験できるといいのですが、あとは個人の興味にゆだねるのみ。
私も、子どもたちの体験に、もうちょっと貢献できたらいいなーと思いました。

何十年、何百年という時間をへて森は育ってゆくし、終わりはなく、
その時々の環境に応じて脈々と世代交代、循環して森は生き続けていく。
一度体験しただけで、森を知ることはできない。
それが楽しいところでもあります。

同じ森でも、行くたびに違う発見があります。
何度もとおっているのに初めて目につくものもあります。
環境によって消えるもの出現するものもあるし、見てるようで見えてないものもいっぱいあります。

森に入り、五感で季節を感じ、頬で風を感じ、葉ずれの音や鳥や虫の声に耳をすます時間。
私にとっては、本当に心地いい時間です。
森に入ると私はゼロになれます。

森林のもつ多くの機能や、二酸化炭素の吸収など、
いろんな観点から森の整備、保全の重要性が唱えられますが、
私はそれ以前に、人が人本来の生を、豊かにいきいきと生きるために、
自分が自分の中心にいられるように、心と体の調和をたもつためにも、
大人も子どもも、森に興味のない人も、好きな人も、最近疲れてる人も、元気な人も、
自分の足で森に入ってほしいと思います。

約500万年の人類の歴史、その99.99%を自然環境化で過ごしてきました。
日本は豊かな森林に囲まれた国です。
私たちの遺伝子は森とともにあった記憶を携えていると思います。

森の中の心地いい場所で、できれば一人静かに時間を過ごしてみて。
そして、自分の中の感覚を味わってみてほしいな。

きのこ




出店します~

今井町‘夢ら咲長屋’出店します。
木のもの、バレンタインの贈りものにいかが?

お天気が雨模様の日もあるみたいですが、
今井町でタイムスリップ・・・しっとりすごしてみませんか?

2月今井町

2/11(祝)~14(日)


木心&森の時間 
~木はいいですよ 木のものつかってみませんか~


場所:橿原市今井町‘夢ら咲長屋’
時間:10:00~16:00

期間中、気ままに、
木工のワークショップや、オラクルカードのリーディングをします。

【木心】の無垢の家具、
気にいってくださった方、お安くさせていただきます。
無垢の木の味わい、よさを感じてくださいね。
木は伐られてからも生き続けます。
シンプルなデザインかつ、長く使えるものを作っています。

カフェをOPENしたい方、リフォームを考えておられる方、ご相談ください。
家具だけでなく、空間ごとデザイン、お手伝いさせていただきます。

*テーブルや本棚、古い家具などをご希望の方は、工房まで・・・

2/13(土)14(日)
コーヒーの香豆舎さんと、お菓子のエクロールさんも来てくださいます♪
こっさんのライブもあるかも?

s-皿s-コケポット (1)
s-シュガーポットとスプーンs-s-IMG_3976.jpg


自然も人工物も美しい

室生 枝
枯れ草を刈って、燃やしました。
その時、火をつついていた棒。
燃えた表面が黒くなって、白いところは虫がいたところ。
このコントラストがきれいです。

室生 雪
いつぞや、降った雪が氷に。
透明な中の景色はひっくり返った向かいの山。

室生コケ
アスファルトの道の端っこに生きるコケ。

蔵王堂 (1)
蔵王堂
吉野の蔵王堂。
すごいです。

山伏と鬼
山伏と鬼とほら貝の音。

節分

節分

地元の神社で、3年前から豆をまくようになりました。

お祭り&いただきもの大好きな母と私は、
朝から吉野の蔵王堂で福豆をいただきに、
そして、夕方からは地元の神社に行ってきました。

なぜか、地元の神社では、18時から神事、豆まきは18時半から行われます。
なんで昼間にしないのかなぁ。
思うに、地元の人の参加を考えて、お勤めの方にも参加してもらえる時間にしたのかと。

この時間、もちろん暗いし、今年は特に寒かった。
にもかかわらず、小さい子から、お年寄りまで、100人以上集まりました。
びっくり!
1年目はまだ周知不足だったのか、20人くらいしか集まっていなかったんですよー。
それがこの寒い夜に、子どもたちがたくさん、元気にはしゃいでました。
女の子はおしゃべりに、男の子は、火が好きですね!棒でつついたり、
葉っぱを燃やしたりして、真剣な表情で火と遊んでました。
神事の間も、境内は厳かではなく、わーわーきゃーきゃーです。

神様がどうとか、神事がなんじゃらほいとか、
そんなの子どもにはあんまりわかんないし、大人もたぶんよくわかってないですよね。
でも、こうして、地域の人が集まることが大切やんなーって思った。
いろんな世代の人がこうして集まる場、これが神社の姿なんやろなぁ。
神様も正月以来の賑わいで喜んでくれたはるでしょーね!
どんなに立派な社があっても、人のいない神社なんて寂しいもんね。

でも、なんか・・・ 
地元の神社とはいえ、ほとんどが知らない人やったし、
普段聞かない子どもの歓声にふれていると、なんか時代の流れを感じました。
自分が子どもだったころは遠くて、人も、同級生たちも遠くに行ってしまっている。
そして、新しい人が入ってきて、人も時も流れる。

節分 (1)

そして豆まきですが、暗いうえに、拝殿からライトが照らされているので、
目がくらんで、豆がとりにくいです(笑)
それでもポケットいっぱいいただきました♪

今年も一年、こうして家族が健康でいられることに感謝して過ごしてゆきたいと思います。

福は~うち!

オーラソーマ

今井町 夢ら咲長屋に、この週末、香豆舎さんが出店されてます。

そこで・・・
私も香豆舎さんの横で、オーラソーマをさせていただくことに。
珈琲の香りとオーラソーマで、リフレッシュしてね。

まだまだ未熟者ではありますが、色をとおして、
より元気になるお手伝いができたらいいなー。

そう、今年のキーワードのひとつは「元気」なんです。
「元」の「気」、元気。
本来の自分、シンプルな自分、ニュートラル、ゼロな自分、
そんな自分になれるお手伝いをさせていただけたら、私も元気になれます♪

この日は、香豆舎さんのコーヒーの他に、エクロールさんのお菓子や
苔玉屋さんなど、長屋がにぎわいそうです。

夢ら咲長屋の入れ替わり立ち代りお店は今月末で終了です。
今日はケーキやさんが大繁盛だったみたいですね。
詳しくは、リンクの「ONOKOのブログ」をクリック!

      

2/6(土) 10時~15時

場所:橿原市今井町 夢ら咲長屋
   近鉄橿原線 八木西口駅より徒歩約5分

30分 1コインです。

*エンジェルと妖精のオラクルカードも持っていきますねー。
*あまり寒くなければ、オーラソーマのボトルを使ったハンドマッサージもするかも?

オーラソーマ

香りの力

この2日間、よく雨がふりましたね。
雨の日も私は好き。
気持ちがしっとり落ち着くし、なんというか、んー、この感覚は言葉にはできないなぁ。

工房の窓から雨の景色を見ながら、香豆舎さんが入れてくれた珈琲の香りでさらにリラックス。

珈琲の香りは最初は覚醒するけど、次第にリラクゼーション効果をもたらす、
という脳波のデータがあるようです。

煎りたての珈琲は、ほんまにいい香りで、隙間の多い工房にも充満。
無垢のテーブルと珈琲、あいますよねぇ~♪
うっとりでした。

香りといえば、木の香りもリラックス効果アリ。
森林浴効果は、広葉樹より針葉樹の方が高いと言われてます。
杉の香り、桧の香り、いわゆる「フィトンチッド」には、沈静作用があるようで、
個人差はありますが、心拍数や血圧も低下するようです。

嗅覚は、触覚よりも早く大脳辺縁系に伝達されるようです。
大脳辺縁系は、感情や記憶が生まれる中枢だそうで、香りをかぐと記憶と結びつくんでしょうね。

懐かしい匂いとか、どこかでかいだことある、とか、
香りをかぐと、無意識に過去の記憶をさぐっていることがありますよね。

好きな香りをかぐとリラックスします。
森の香りもリラックス。

いい香りと、心地いい体験、いろんな香りで心地いい体験をしていると、
日常、イライラしたとき、落ち込んだとき、辛いときなど、
同じ香り、よくにた香り、好きな香りをかぐと、以前のリラックス体験が思い出されて、
よりリラックスする効果が高くなるんだと思います。
何かいい思い出があると、その記憶もまた助けてくれます。

珈琲、ニンニク、ミカン、バラの花、なんでもいいので自分の好きな香りをインプットしておくと、
何かの時に、その香りをかぐことで、リラックスできると思います。

町を歩いてるとき、あ、いい香り、って思ったら、その香りを存分に味わってみてね。
体がほわーっとリラックスしていく感覚を味わう気持ちのゆとりも大切ですね。

杉や桧の香りも、ほっとできる仲間の一員になれたらうれしいな。
もちろん、私はどっちの香りも好きです♪
なで木ろとか、根付とかつくりながら、いつも癒されてます。
木によっては、ちょっとあぶないくらい、気持ちよくなってることも(^^)

杉




プロフィール

森の時間

Author:森の時間
石井(林田)弥生


■森のインタープリター 
■カラーセラピスト
■その他
*サンキャッチャーづくり
*クラフトワークショップ

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
リンク
オーラソーマ
今日のボトル
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。